逆転裁判4 ネタバレストーリーを調べてみました

ゲーム

逆転裁判4 ネタバレストーリーを調べてみました

大人気シリーズの「逆転裁判4」は新たな主人公・王泥喜法介をむかえ、大きな転機となった作品となっています。

第1作からの主人公・成歩堂龍一が衝撃的な登場をするドラマティックなストーリーや、ワクワクとドキドキが止まらない探偵パート。

ハイクオリティなゲーム性はそのままに、グラフィックは高解像度にリファインされてパワーアップしています。

どこで裁判が逆転していくのか、わくわくしながら裁判に挑戦してみてください。

【逆転裁判4】第1話 逆転の切り札

第1話は、主人公の弁護士、王泥喜法介ことオドロキ君の初の法廷から始まる。

7年前法曹を追われた伝説の弁護士、成歩堂龍一の殺人事件で、黙秘権を続けるナルホドにオドロキは困っていた。

事件を振り返ってみると、当時被害者浦伏影郎とナルホドのポーカー勝負で、一部始終を見ていたと言うウェイトレスの証言がおかしい。

ゲームでは、ウェイトレスと浦伏がグルとなり、ナルホドの不敗神話を崩そうとしていたことが判明していくのです。

オドロキの秘めた力が発動し、イカサマに失敗したウェイトレスが浦伏に殴られ気絶したこと。

通報したナルホドが戻ってくると浦伏が殺されていたことが明らかになり
事件現場には4人目がいたことが分かる。オドロキの先生、牙琉霧人その人だった。

状況は霧人を犯人と示しているがその「証拠」がない限り、それを立証できない。

休憩時間にマジシャン姿の少女から渡された一枚のカード。

それは現場から消えたはずのイカサマカードだった。

「その証拠は違法だ!」何故、それが違法なのか・・・犯人はそれを確かに隠滅した
それはある筈のない「証拠」だったのだ。

そして、それを知っていた霧人の「証言」は何よりの証拠となった。

「これは復讐ですか・・・7年前・・・あなたが弁護士を追われた事件の」
「降りかかった火の粉を払っただけさ」

被害者は何者だったのか、霧人の動機は?多くの謎を残しながらナルホドは無罪判決を受けたのであったのだが・・・・

【逆転裁判4】第2話 逆転連鎖の街角

自分の先生を告発したせいで職場を失ったオドロキは、ナルホドの電話を聞き
成歩堂芸能事務所にたどり着く。

そこで出会ったのはマジシャン姿の少女、成歩堂みぬきだった。

事故にあったナルホドからひき逃げの事件、みぬきからパンツ泥棒、矢田吹麦面からラーメン屋台の探索を依頼される。

ナルホドのひき逃げ現場、キタキツネ組邸前とその向かいにある人情公園でおこった殺人被害者の医者宇狩輝夫が引いていた麦面の屋台。

犯行を自供する北木滝太とその弁護を依頼する並奈美波。

様々な事件が一つに集約する事件の調査をする宝月茜の趣味、カガク捜査の力を借りて指紋、足型などの証拠を集める(蘇る逆転で登場した学生、海外留学して科学捜査官になる為帰国したが、試験に落ち刑事になった)

法廷の場に現れた検事、それは牙琉霧人の弟牙琉響也だった。

目撃者の証言を崩していく中、腕輪の反応とみぬきの協力で「みぬく」を物にするオドロキ証言の中で相手が示す一瞬の緊張、クセを見抜くことで相手の嘘を見抜く力だった。

目撃者がパンツ泥棒であることを示し、証言を崩したオドロキは次の日の調査で
北木滝太が半年前抗争で心臓に弾を食らったことの真実を知る。

北木滝太はいつ死ぬかもしれない爆弾を抱えていた、その看護を担当し事実を知りながら婚約者となっていた並奈美波こそ真犯人と告発する。

並奈美波は事実を認める・・・が、肝心の殺人の立証は出来なかった。

みぬきが反応でしなかった所で腕輪が反応し、更なる真実を追究したオドロキは
ある意味、響也に助けられ並奈美波の殺人の立証に成功したのであった。

【逆転裁判4】第3話 逆転のセレナード

牙琉響也の率いる人気バンドガリューウェーブのライブに参加したオドロキとみぬきゲストのボルジニアから来日した歌姫ラミロアの歌を聴いたあと楽屋へ向う
「燃え上がるほど」という歌詞のところで響也のギターが燃えると言う演出があったが響也本人はなにも知らなかったらしく、朝からついていないと怒っていた。

第三部が始まる際、楽屋に残ったオドロキは警備を命じられていた宝月茜と話していた。

その時、2発の銃声がラミロアの楽屋から響く、突入するとラミロアの通訳ローメイン・レタスが倒れていた。オドロキは「犯人は見ていない・・・目撃者はめが・・・み」と最後の遺言を聞く

犯人としてあげられたのはマキ・トバーユ、ラミロアのパートナーで盲目の少年ピアニストだった証言者として立ったラミロアはマキを庇おうと嘘の発言をしていた。

それを暴いていくとラミロアの方が盲目でマキは眼が見えていたと発覚する。

不利になっていくが、レタスが残したメッセージを見つけ、彼が国際警察だったと分かる。

ボルジニアから門外不出とされている繭。ある奇病の特効薬・・・
その謎を解いていくうちに、犯行時間の矛盾があり事件は第三部ではなく第2部で起ったと立証できる。

するとその時、ステージに上がっていたマキは犯行が不可能だったことになる。

ガリューウェーブのギタリストで国際課の警官、眉月大庵を告発するオドロキ
ラミロアの聞いた声の謎を解きあかし、響也がラミロアからもらったギターに
繭が仕込まれていた、マキはそれに協力していたことがわかる。

ダイアンの動機は掴めても殺人の証拠を提出することは出来なかった。

だが「証言」をすることは出来た。繭輸入の協力者マキの証言が繭を国外に持ち出したものを極刑、だがここで認めれば日本の法律で裁かれるダイアンが奇病にかかった上司の息子を直す特効薬で取り入ろうとしたことが分かり事件解決

ラミロアは過去に事故に会い視力と記憶を失っていたが、この事件を通して
眼の手術を受ける決意をする。

「いつか、また会いましょう」と言葉を残して

【逆転裁判4】第4話 逆転を継ぐ者

最長3日で判決が出る序審制度。

新しく民意を反映させようとする裁判員制度のテストケースが行われようとしていたこれまで謎の動きを見せていたナルホドが委員長としてその裁判にオドロキを推薦する。

ある贋作師の殺人、犯人はその娘・・・事件はあまりにシンプルだった。

だが、調査の中で絵の下に隠されていた下書き、そこにはこれまでの3つの事件が描かれていた毒は遅効性のものであり、娘の淹れたコーヒーではなく被害者が投函した切手に毒が塗られていたと分かるが既に証拠の切手は存在していなかった。「証拠」を立証できないのだ。

そんな中、娘は倒れる。原因は父を手にかけた毒であった・・・。

起動する謎のメイスンシステム、ナルホドは画面のこちらに向って話しかける。
7年前の事件と今回の事件、いやオドロキの事件全てが一本の線に繋がると・・・

7年前の法廷、みぬきの父親奈々伏影郎こと魔術師或真敷ザックの弁護。

彼は師匠である天才魔術師或真敷天斎殺害の殺人容疑を聞かれていた。
前日に依頼され、ポーカー勝負だけで話を聞けなかったナルホド相手は初めて法廷に立つ新人検事の牙琉響也だった。

弟子或真敷バランの目撃証言を崩したナルホドだったが響也は天斎の手記を持ち出しザックの犯行を証明しようとする。ナルホドの手元には法廷前にみぬきから渡された謎のメモがあり、それは手記の破れたページとピッタリ合うものだった。

それを証拠として提出したナルホドを嘲笑い、響也はそれを作った贋作しを入廷させる。

「証拠品」を「捏造」した弁護士。それは最悪のレッテルだった。

ナルホドは弁護士バッジを奪われ・・・ザックは私に有罪は下せないと法廷から消えうせた

【逆転裁判4】 ブレイクシーン集

【逆転裁判4】BGMを視聴ください

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ